SCHOOL SITE >

フォローしてもらうと新着記事のお知らせが届きます!



マッシュミュージックスクール ドラム科DTM科レコーディング科講師の津吹です!
毎月「9」の付く日「レコーディングコラム」を掲載!
録音してるけどなかなかうまくいかない方、録音したい方、録音したことが無い方、録音に全く興味が無い方、、
音楽を愛する全ての人に向けて発信していきます。

皆さんこんばんは!
とうとう来週は、クリスマスですね。
昔はプレゼントによく楽器のパーツをプレゼントしてもらいましたが、 皆さんは何をプレゼントしてもらいますか? たのしみですねw

さて、31回目はエレキギターに続いてアコースティックギターに参ります!





 

 

 

①アコースティックギターの構造

以前、アコースティックベースの時にやりましたが、 アコースティックギターもほぼ同じ構造で鳴っている楽器です。
ボディが箱型になっていて、弦を鳴らして箱を響かせる。

サウンドホールから前に響いていきます。

ベースもですが、ギターにも、弦の種類が大きく2種類あります。

 

 

 

1.1 鉄弦(ラウンド)

 

アコースティックギターの弦の構造は、鉄弦の周りにぐるぐるとワイヤーが巻かれていて、そのワイヤーと鉄が内部摩擦により、音がベーンってなる仕組みです。

ベース:4弦全部 
ギター:4,5,6弦

がラウンドになってます。
音はかなりアタックが強く、「ジャガジャーン!」て感じで派手になります。

 

 

 

 

1.2 ナイロン弦(ガット)

 


ガットギター・クラシックギターは、ナイロン製の弦です。
かなり柔らかいサウンドです。
ボサノバやジャズ系でよく使われていますが、 しっとりしてますね!

 

 

 

 

 

1.3 響き方の違い

 

上記で説明したように、弦の種類で鳴り方がだいぶ変わります。

ラウンド弦:中高域が響く
ナイロン弦:中低域が響く

その為、録音するマイクも変わってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②アコースティックギターのマイクの立て方

 

2.1 弦違いでのマイクの立て方

 

ラウンド弦は中高域が響きます。
「シャキッ」とする分、サウンドホール寄り(もしくはホールのキワ)に立てると、低音にかなりアドバンテージが出てきます。

 

ナイロン弦は逆に低域が出ます。
なのでサウンドホールよりも、ネック側でアタックを少し意識した場所が良いでしょう。

それぞれ、ヘッドホンで聞きながら探して行くと良いですよ!

 

はたまた、マルチマイキングで、2本なら2way、3本なら3wayと楽しまれるのも思いますよ!
皆さんも試してくださいね!

 

 

 

 

 

 

2.2 三味線のマイクの選び

 

余談ですが、 和楽器の三味線などはバチで打つので、強烈なアタック音ばかりで、録音にならない時があります。
リボンマイクと言った、フラムがリボン状のマイクはアタックを吸いますので、かなりストレスないレコーディングが可能になります。

リボンマイクが無く、普通のコンデンサーマイクでやる場合でしたら、断然ダイナミックマイクの方がおススメですねw

 

 

 

 

 






下記に本日のまとめも書き記してあります。
ぜひご自身の音楽生活に役立ててください!
このコラムでは、いろんな質問もお受けいたしますので、 お問い合わせから僕宛にメールくだされば、お答えいたします!!!
是非一度、当スクールレッスンにも遊びに来てくださいね。
今年もあと一回!29日で2019年のコラム納めです。 次回も楽しみにしててくださいね!
 
それでは皆様お元気で! いつもご視聴ありがとうございます。

津吹龍講師の執筆ブログ記事ページ


 

 


 

 

まとめ

①アコースティックギターはボディが箱型になっていて、弦を鳴らして箱を響かせる。

サウンドホールから前に響いていく。


②弦は大きく分けて2種類
ラウンド弦:中高域が響く
ナイロン弦:中低域が響く

③マイクの立て方
・ラウンド弦はサウンドホール寄り(もしくはホールのキワ)に立てる
・ナイロン弦ネック側でアタックを少し意識した場所が良い
どちらもヘッドホンで聞きながら探して行く!

おすすめ記事

人気ページランキング

人気ページランキング

講師別BLOG

無料体験レッスン
申込みへ