SCHOOL SITE >

フォローしてもらうと新着記事のお知らせが届きます!


マッシュミュージックスクール ボーカル科パフォーマンス科講師のMareるみです。
令和になりました日本、CiaoCiao!です。
皆様、素敵なゴールデンウィークを過ごされましたか?

さて、今日は10代の方中心に「愛のメッセージ」を発信させて頂きたいと思います。

テーマはずばり「変声期」です。
小学生から中学、高校生になる時期は私たちの身体は大きく成長します。
変化するのは喉も然りです。
急に大人の声(低声)になる事に不安を覚え、ヴォーカリストの夢を諦める方が実は多くいらっしゃいます。
その大切な成長期を、最小限の不安で乗り越えて頂きたいのです。
ぜひ、最後までご覧くださいね。





 

 

 

 

 

①変声期が恐い。。。実際、変声期後に声と歌うキーが変わってしまった。どうしよう?

Mareがレッスンでご一緒した生徒さんで共通して仰るのが
「2週間ほど風邪を引いて、その後声が戻らなくなりました」
というご相談。

実際、変声期では声がざらついて咳も出ますので、風邪と同様の症状が現れます。
声帯の筋肉も一緒に成長していますので、決して無理は禁物です。

上手く声が出せなかったり、思う様に音程が取れないからと言って、声帯に負担を掛ける様な無理な発声をしないこと
どうしても歌いたい場合は、低めのキーで、柔らかなブレスをたっぷりと使える曲を選んでくださいね。




 

 

 

 

 

 

 

 

②身体と心のバランスが大切

変声期には決して無理をしないで、とお伝えしたのですが、安定するには実は3〜4年かかると言われています。

唯、個人差は有りますので、ヴォイトレの先生から客観的アドバイスを得るのも良いですよね。

一人で抱え込まないこと。

大人の声になる事は決してマイナスではない
のです。

豊かな気持ちで時間を過ごす事が、先のあなた様の魅力にしっかり繋がると、Mareは信じますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③girl's必見!コーラスを歌って来て、地声の出し方が分からない。どうしよう?

これは、girl'sからよく聞く悩みです。
確かに、歌になると裏声のスイッチが入ってしまう方はいらっしゃいます。勿論どんな発声も間違いではないのですが、より多くの表現として地声の発声もマスターしたいですよね?

Mareからお勧めしたいのが、その名も「お母さん発声」です。

先ず「お母さん!」大きく呼んでください。
この声があなた様の地声です。

そこから、お〜か〜あ〜と話す延長で歌っていきます。
皆さん、楽しんでマスターしてくれていますよ。
この続きはぜひレッスンで。

また、girl'sの皆さんも変声期は有りますので、若しお気になる事が有りましたら質問コーナーでお待ちしております。

 

 

 

 



いかがでしたでしょうか?
下記に本日のまとめ実践ガイドも書き記してあります。
あなたの音楽生活が楽しいものになるようお役立てくださいね。

 

 

 

 

まとめ

①変声期では声帯も大人へと変化します。
身体の変化を大らかな気持ちで受け入れましょう。

②映画を観たり、普段聴かないジャンルの音楽やアーティストに触れたりしてみましょう。
変声期は、未来の自分への投資の時間と思って!

③Mare直伝「お母さん発声」で地声を手に入れましょう(お母さん、の所は好きな食べ物でも何でも良いのですけれどね♡)。


実践ガイド

①喉が緩やかに開いた状態で歌える曲を選びましょう。
長時間の歌唱は避けて、普段から心と身体をリラックスさせましょう。

②興味が有る事にチャレンジしてみましょう。
作詞などを始めるのも良いですね。
未来の歌に繋げましょうね。

③少しずつ、話し声から歌う声に地声を延ばして行きましょう。
1日では出来ませんが表現の幅はぐっと広がります

おすすめ記事

人気ページランキング

人気ページランキング

講師別BLOG

無料体験レッスン
申込みへ