SCHOOL SITE >

フォローしてもらうと新着記事のお知らせが届きます!

マッシュミュージックスクール ドラム科DTM科レコーディング・ミックス・マスタリング科講師の津吹龍辰です!
毎月「9」の付く日「レコーディング・ミックスコラム」を掲載!
レコーディング・ミックスしてるけどなかなかうまくいかない方、レコーディング・ミックスしたい方、レコーディング・ミックスしたことが無い方、レコーディング・ミックスに全く興味が無い方、、 音楽を愛する全ての人に向けて発信していきます。

ハイみなさん!こんにちは!
今週は東京からアーティストが来てまして、リゾートレコーディングやってます。


昨日1曲分のミックス・マスタリングが終わって、今から2曲目の歌のレコーディングです。
頑張って作ります!
さて今回も質問コーナー3回目ですね。

ということで本日は、「寄せられた質問にお答えしちゃうコーナー!㉑:本番前の行動・ドラム演奏用シューズ・覚悟の決め方」を語っていきます!

プロの失敗談シリーズ記事はこちら
「第1回目:失敗とは何か?」
「第2回目:失敗の構造と種類」
「第3回目:レコーディング中のミス」
「第4回目:他人の言う事を聞かない」

ライブ配信解説ブログ記事はこちら
「インターネットライブ配信を徹底解説!:ツアー編」
「インターネットライブ配信を徹底解説!:PAの基本原則編」
「インターネットライブ配信を徹底解説!:PAの本番中の仕事」
「インターネットライブ配信を徹底解説!:現場での急なトラブル」

これまでの質問回答はこちら
「第1弾:訓練法・機材関連」
「第2弾:オーケストラのミックス」
「第3弾:マイクについて」
「第4弾:音楽の価値・人生観」
「第5弾:楽器練習・音楽で名を上げる」
「第6弾:自立と依存」
「第7弾:ピッチ補正」
「第8弾:理想の音楽を作りたい」
「第9弾:低音について/伝えることについて」
「第10弾:ミックスの流れについて」
「第11弾:音楽活動をするにあたって」
「第12弾:ライブ鑑賞で意識していること」
「第13弾:ボーカルマイクについて・ギターのミックスについて」
「第14弾:ボーカルの音量・ミックスの着地点」
「第15弾:ボーカルが浮いてしまう・アナログコンプの掛け録り」
「第16弾:ミックスの上達方法を知りたい」
「第17弾:ミックスの完成とは?」
「第18弾:ボーカルの歯擦音に対する考え方」


「プロになるまでの僕の経験」シリーズはこちら
「プロになるまでの僕の経験」第1章の「中学・高校編」
「プロになるまでの僕の経験」第2章「高校時代・進路決め編」
「プロになるまでの僕の経験」第3章「専門学校に入学するためにやったこと・学園生活編」
「プロになるまでの僕の経験」第4章「就職編」
「プロになるまでの僕の経験」第5章「レコーディングスタジオ編」
「プロになるまでの僕の経験」第6章「エンジニア面接、さらに面接編」
「プロになるまでの僕の経験」第7章「新スタジオ工事・セッティング編」
「プロになるまでの僕の経験」第8章「モニタースピーカー調整編」
「プロになるまでの僕の経験〜第9章「新スタジオでの新体験編〜」
「プロになるまでの僕の経験〜第10章「アシスタントエンジニアの修行時の仕事内容編〜」
「プロになるまでの僕の経験〜第11章「アシスタントエンジニアの仕事内容(大規模スタジオ編)〜」

 

 

 

 

①本番前の行動

こちらが寄せられたご質問です。

Q.
ライブやレコーディングなどでドラムを演奏をするにあたって、本番前のウォーミングアップの際に意識・注意していることや欠かさずにやっているストレッチなどはありますか?


これはモチベーションの問題ですね!
僕はいつもモチベーション上げるために大好きなドラマーが叩いてる曲を聴いて気分を持ち上げてます!
テンションアゲアゲでその人になったつもりで気分を上げてイメトレした後に本番に挑んでますねw





 

 

 

 

 

 

 

 

②ドラム演奏用のシューズ




こちらが寄せられたご質問です。

Q.
ドラム演奏用のシューズ選びでこだわっているポイントはありまましたら教えて欲しいです。


靴関係ですよね。
いろんなドラマーがいますが、体育上履き・カンフーシューズ・ドリフシューズ・クロックスなど人それぞれです。
僕は基本的になんでもいいですが、足にピッタリフィットするタイプが色々楽なのでいいですね。
サイズが合わないブカブカの靴は足にも悪い影響を及ぼすのでやめた方がいいかな。






 

 

 

 

 

 

③覚悟の決め方




こちらが寄せられたご質問です。

Q.
「覚悟の決め方」
津吹先生はじめまして、ご質問の機会をいただき、ありがとうございます。
さて、質問の内容なのですが、津吹先生の考える「覚悟の決め方」を教えてください。
私は音楽活動をはじめて4年ほど経ちます。
活動初期から「いつか音楽で生計を立てるんだ・・・・!」と思っていました。
しかし、その過程で何度も覚悟が揺らいで、仕事に逃げたり、資格に逃げたり、別の趣味に逃げてしまうことがありました。
自分なりに覚悟を決めていたつもりですが、脇道に何度も反れてかなりの時間を浪費してしまった気がします。
「自分には無理かもしれない。」という自信のなさからの脱線だったと自己分析しています。
どのような覚悟の決め方であれば、脇道に反れずまっすぐ自分の進みたい道に進めるのでしょうか? ご返答いただけますと幸いです。


初めましてーー!!よろしくお願いします。

はい、覚悟ですよね!
覚悟をするにあたって大事なこと、それは成功するまであきらめないことです。

失敗とは経験数なので信頼に繋がります。なので失敗は恐れないことです。
成功の反対は失敗ではないのです。

では成功の反対はいかがでしょうか?
これって何もしないことなんです。
自分がなりたいものに目指して行動できるか?挑戦できるかなんですよね。

僕は18で広島から専門学校に行くため上京して、もうこの道しかないって決めて今があります。
専門学校の授業料を新聞奨学生制度で新聞屋バイトしながら学校に行きました。
これって決めたからこそできるんですよね。
覚悟はそれを一途にやることを決めるってことでしょうかね。 脇目も触れずそれに向かって進むですね!
人生それぞれですが皆さん覚悟を決めることってたくさんあると思います。 人よりもまずは自分です。頑張って行きましょう!


次回もご質問にお答えしていきます。
それではまた!!

 

 

 

 

 

 

今回はここまで、次回に続く! 下記に本日のまとめも書き記してあります。 ぜひご自身の音楽生活に役立ててください!
まだまだ質問募集してるので、お問い合わせから僕宛にメールくださればお答えいたします!!
是非一度、当スクールレッスンにも遊びに来てくださいね。

それではまた!!

津吹龍辰講師の執筆ブログ記事ページ

 
 

まとめ

①ライブ前はモチベーションを上げていこう!
大好きなアーティストを聴いてその人になったつもりでイメトレした後に本番に臨もう

②ドラム演奏用シューズは足にピッタリフィットするタイプがおすすめ
サイズが合わないブカブカの靴は足にも悪い影響を及ぼすので凶

③覚悟において大事なことは成功するまであきらめないこと
失敗とは経験数なので信頼に繋がる。なので失敗は恐れないこと
成功の反対は何もしないこと
覚悟はそれを一途にやることを決めるということ



プロ育成コース始動!!


 

マッシュミュージックスクールでは新たにプロ育成コースを開校しました。



プロになるための実践的なノウハウやマインドセットをレクチャーします!
更に職業別に5つのコースを用意しております。

「スクール講師・インストラクター」コース

「スタジオミュージシャン・プレイヤー」コース

「アーティスト・バンド・シンガーソングライター」コース

「ソングライター(ボカロP)・アレンジャー・エンジニア」コース

「プロデューサー・ディレクター」コース


以上5つのコースを取り揃えております。
マッシュミュージックスクールはあなたのプロになりたい気持ちを応援するための準備が整っております。 一緒に頑張って行きましょう!
スクール自慢のプロ講師陣があなたにとって理想のレッスンをご提供します!
詳しいページはこちら↓

「プロ育成コース」ページへGO!

おすすめ記事

人気ページランキング

講師別BLOG

Twitter

人気ページランキング

Twitter

講師別BLOG