SCHOOL SITE >

フォローしてもらうと新着記事のお知らせが届きます!


 

マッシュミュージックスクール ボーカル科講師の石川寛です。

初めてこのブログにて記事を書かせて頂きます。
プロフィールもありますので、一度見てみて下さい。

さて、早速なんですが、今回は

「腹式呼吸」

ボーカルをやっている人は特によく聞く、聞かされるワードだとは思います。
言葉ではわかっているけど、 「そもそも腹式呼吸てなんなの?」 を簡単に説明していきたいと思います。





 

①腹式呼吸って?

よく、「お腹に空気を入れる」とか言いますが、物理的に考えてお腹に空気は入りません!

簡単に言いますと、肺の下方に空気が入り、肺と内臓を仕切る「横隔膜」が下がって内臓が押されて、お腹が膨らみます
これがよく言う「腹式呼吸」お腹に空気が入る状態なんです。 



 

 

 

 

②何故、腹式呼吸なのか?

歌には腹式呼吸が大事といいますが、そうなんです!
呼吸が大事なんです!
歌う基本となってきます!

理由はいくつかありますが、ここでは以下のことをまず覚えていってください。

まず、呼吸には「胸式呼吸」「腹式呼吸」2種類があります。

「胸式呼吸」は肋骨が開いて胸が膨らむ感じです。
分かりやすく言うと、激しい運動をした時なんかに、「ハーッ、ハーッ」と息があがる感じの呼吸です。
この呼吸では入ってくる空気は浅く、首・肩・胸等に力が入り、余分な力が喉を閉めて、歌う時の妨げになります。

「腹式呼吸」は①で少し説明しましたが深く呼吸ができ、首・肩・胸等に力が入らず、
歌う時に喉を閉めてしまう原因の1つが無くなります。
上半身をリラックスした状態が保てます。

腹式呼吸が大事な理由はいくつかあって、これだけではありませんが今回はまず、
「身体に余分な力を入れずに深く呼吸ができ、喉を閉める原因の1つを無くす為」 と、覚えておいて下さい。






③吸い方、吐き方!

3.1 腹式呼吸の手順

 

ではまずは、ステップ1の吸い方、吐き方です。

①肩幅くらいに脚を開いて立ってもらって、手は軽くお腹に添えて、どんな吐き方でも良いので、肺から空気を出し切って下さい。
(この時、無理にお腹をへこませないで下さいね。)

②もう吐く空気が無くなるまで吐いたら、息を吸い込むのではなく、無くなった空気を身体に戻してやる。
(勝手に入ってくる空気)を感じてみて下さい。
お腹が、ポコッと膨らむと思います。


これが出来たら、あなたは既に腹式呼吸ができています!



3.2 腹式呼吸の強化

 

ステップ2の吸い方、吐き方です。
(立ち方等はステップ1と同じで大丈夫です。)

①先ずは先ほどと同じように空気を吐ききっちゃいましょう。

②吐ききったら、次は空気を身体に入れるんですが、ステップ1で感じた、勝手に入ってくる空気を増やしてあげる感覚で、
まずは口でよいので「スゥー」と吸ってあげてください。
(お腹が「スゥー」と膨らめばOKです。)

③次は、吐きます。
口にストローを咥えているイメージで、ゆっくり、一定の量づつ吐いていってください。
(強くなったり弱くなったりせずに、とにかく一定の量づつ吐ききって下さい)

④身体の空気を吐ききったら、②に戻る。
一定の量づつ吐ききる事は、最初は苦しいとおもいますが、目標として30秒くらい吐き続けれる様になるとgoodです。



レッスンでは更に説明させて頂きますが、横隔膜の支えが身に付いて、歌に活きてきますよ!





いかがでしたでしょうか?
下記に本日のまとめ実践ガイドも書き記してあります。
ぜひご自身の音楽生活に役立ててください!

まとめ

①単純に腹式呼吸というのは、歌う時に必要な呼吸。という事を覚えておいてくれれば大丈夫です!

②そして、腹式呼吸をしないとダメなんだ!
と考え過ぎなくても大丈夫です。

③まずは③のステップ1を感じれる様になれば、あなたは既に腹式呼吸をしているのですから!


実践ガイド

①呼吸というのはしたくなくてもしなきゃ死んでしまいますので、常に練習機会はあります(笑)
電車に乗っている時でもいいですし、寝る時でもいいです。
(寝っ転がった状態でも身体にムダな力が入ってないので大丈夫です。)
③で説明しているガイドを実践してみて下さい。
毎日やらなくても良いし、1日置きでも良いので、30秒くらい一定の量づつ吐き続けれるように頑張ってみて下さい!

②注意してほしい事として、息を吸う時にアゴ・肩が上がらないように気をつけて下さい。
イメージは、息を吸う時、空気が鎖骨と鎖骨の間にある凹んだ所から入っていくという感じです。
アゴや肩が上がりにくくなると思います。

③更にレベルアップを目指すなら!
お腹だけが膨らむのではなく、横隔膜が平行に下がる事で背中の腰上辺りも膨らむ様になるので頑張ってみて下さい!
(イメージ・意識する事で、身体は反応する様になります。)

おすすめ記事

人気ページランキング

人気ページランキング

講師別BLOG

無料体験レッスン
申込みへ