SCHOOL SITE >

フォローしてもらうと新着記事のお知らせが届きます!


マッシュミュージックスクール ボーカル科講師をしておりますSeikoです。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
最近は気晴らしにテレビをつけても、悲しくなるニュースが多いように思います。
悲しいニュースに思いを馳せることも時には必要かもしれませんが、私は一度落ち込むとしばらく引きずってしまうので…

「アメリカズゴットタレント」というアメリカのテレビ番組の録画を見て過ごしています^^
スーザン・ボイルさんやポール・ポッツさんなど、著名になった歌手を多く輩出していることでも有名なオーディション番組なのですが、 例えば歌手やダンサー等、アーティストの努力の過程や進化が見られるので勉強にもなります。(と、言いつつ私は一視聴者として楽しんで観ています笑)
著名な歌手の方だけでなく、まだ名の知られていない方の歌からも技術をいただくことが出来ます。
自分の耳を育てるためにも、沢山の歌に触れてみてくださいね。

さて、前置きが長くなってしまったのですが今日は、先日私が体験した本番までの練習を少しラフにお伝えしたいと思います。
急遽どうしても歌わなければならず、なんと準備期間1週間で本番に挑みました!
人生何があるか分かりません。
きっとチャンスを掴むために同じような場面に遭遇することもあるかと思うので、その時はぜひ参考にしてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①物の準備は「なる早」で

1週間前。
まずは選曲を始めました。
当日歌う曲は2曲です。
1曲はよく知っているナンバーを、もう1曲も既に歌える曲にしたかったのですが、総合的に判断して新曲を選びました。

この時点で、当日着る服や履く靴、伴奏の音源等の「当日持っていく物」の準備を全て整えます。

※「物がない」というのは不必要な緊張や不安を与えてしまうのと、練習に時間を割きたいので、なるべくスピーディーに揃えるようにしてください。

持ち物や衣服の準備は万端!
あとは練習するのみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②トホホな話〜本番の前日まで〜

今回の本番までに使える練習日数は7日間
本番は8日目です。

 

 

 

 

2.1 1日目〜3日目

 

まず、1日目〜3日目は基礎的な練習に取り組みます。
歌を覚え、歌詞を口に出して読んだり、伴奏音源を聴き込んだり… 本番までのスケジュールがタイトなときほど無理は禁物です。
私もつい無理をしてしまいそうだったので、練習時間や歌う回数を決めて、コントロールしていました。

 

 

 

 

 

 

2.2 4日目〜7日目

 

4日目からは本番で歌うことを想定して、なるべく通して練習をします。
この時点で曲の完成度は「まあまあ」な感じです。
以前のブログでもお伝えしましたが、 私は週休2日で歌うようにしているので、このあと5〜6日目か6〜7日目は声は使わず練習しようと計画をしました。

が…ここで悪いクセが…!!!

5日目に練習して「良い感じ!」と思ったのに…
6日目に「1回だけ通して歌ってみようかな?」と歌ってしまいました。
1回だけ、のつもりがちょっと気になるところが出てきてしまって気がつけば1時間を過ぎています。
7日目はお休みしましたが、本番当日はちょっと喉がグダっとしていました…

※自分のルーティンは絶対に崩さない! これはとても大事なことですね。トホホ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③当日は自分を信じるのみ

そして迎えた本番当日。
喉がややグダっとしています。
本来ならば当日はすこーし歌うところですが、伴奏音源を流し、心で歌うに留めます。

※当日歌えないと緊張する方も多いと思うので、やはり前日までに無理をしないことをオススメします。

あとは深呼吸をしっかりと行い、ハミングで声出しをして本番に望みました。
伴奏が流れるまでは緊張で一点しか見られませんでしたが、 練習時間外に伴奏を沢山聴いていたので、伴奏が流れると「大丈夫!」と思え、安心して歌えました。
終わったあとの開放感は、いつもの3〜4倍です(笑)

 

 

 

 

 

 

 



1週間というタイトなスケジュールで新曲を練習することはまずないので、ぜひ役に立てていただけたら、とこんな記事を書いてみました。
いかがでしたでしょうか?
下記に本日のまとめを書き記してあります。
あなたの音楽生活が楽しいものになるようお役立てください。
是非一度、当スクールレッスンにも遊びに来てくださいね。
もし気になる事がありましたら質問コーナーでお待ちしております。

Seiko講師の執筆ブログ記事ページ

 

 

 

まとめ

今回の場合は反面教師にしていただきたい所がありますが…
急遽曲を変更することになってしまった際などは、ぜひ参考にして練習してみてください。

本日のまとめ↓
本番までのスケジュールがタイトなときは…
✔︎物はなるべくスピーディーに揃える
✔︎自分のルーティンは絶対に崩さない! これはとても大事なことです!
✔︎本番前日まで、絶対に、無理をしない

おすすめ記事

人気ページランキング

人気ページランキング

講師別BLOG

無料体験レッスン
申込みへ