SCHOOL SITE >

こんにちは、

マッシュミュージックスクール エレキギター科ベース科DTM科作詞科レコーディング科講師のY.O.U.です。

今日はこれからベースを始める方向けのお話です。
ベースを始めようと思いついた人が最初に悩む問題の1つに、
「指弾きが良いか、ピック弾きが良いか」
というものがあります。

ここではそれぞれのメリットを紹介します。
皆さんの決断の一助となれば幸いです。

 

 

 

 

①指弾きのメリット


近年、全体に占める割合が多いのは、おそらく指弾き派です。

指弾きのメリットは、ピックという道具を間に挟まずに直接己の身体の一部を使用することで、より繊細なコントロールが可能になる点だと思います。
また、ピックに比べて弦に当たる面積が大きいので、図太い音を出すことが出来ます。
 

 

 

 

 

 

 

②ピック弾きのメリット

指と比較して硬度が明らかに高いので、芯のある、バキッとした音を出せるのが特徴です。
また、ピックを使うことで身体の動かし方がギタリストとシンクロしやすく、バンド内での一体感を出しやすい傾向にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③どちらの特徴もカバー出来る

上に挙げた各メリットは、どれもこの奏法じゃないと表現出来ない」というものではありません。

例えば私は指弾き派ですが、ピック弾きに負けないくらい硬い音を出したくて一生懸命努力した結果、硬さと図太さを兼ね添えた音を出せるようになりました。
メリット、デメリットを把握してそこにフォーカスした努力を積むことで、最初にどちらを選択しても、その後致命的な問題に発展することはなくなるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④悩んだら両方やっちゃえ

両方出来るなら両方出来る方がもちろん良いです。
ただ、右手の動きや使う筋肉まで全然違うので、どちらかを極めればもう片方も出来るようになる、というものではありません。
倍の努力が必要になります。








いかがでしたでしょうか?
下記に本日のまとめ実践ガイドも書き記してあります。
ぜひご自身の音楽生活に役立ててください!

まとめ

結局のところ、どちらを選択してもベースは十分に楽しめます。
少し触れてみてやれそうだと思った方を選択する、くらいの気持ちで大丈夫です。
将来的に不自由を感じ始めた時に、どう対処していくか考えればOK。
そのときはもちろん、悩みに応じて適切にアドバイスしますよ!

おすすめ記事

人気ページランキング

人気ページランキング

講師別BLOG

無料体験レッスン
申込みへ