SCHOOL SITE >

フォローしてもらうと新着記事のお知らせが届きます!

マッシュミュージックスクール エレキギター科アコースティックギター科DTM科講師の村瀬恭久です。

今回はDTMやバンドで
「ギター以外のパートが出来ていてそこにギターを入れたいんだけど、どうやって入れたら良いかわからない」
という初心者の方に向けた内容になっています。

パートの考え方にルールはありませんし、方法は無限にあって論理的に説明できることではないのですが、いくつかのよくあるパターンをご紹介します。
今回は16ビートのファンキーなクリーンサウンドに絞ってご説明します。

 

 

 

 

 

①ベースとユニゾン

ユニゾンというのは互いが同じことを演奏するという意味です。
ファンキーなベースリフとギターのユニゾンは定番です。

 

 

 

 

 

 

 

 

②カッティングの合いの手

ベースのフレーズの隙間をぬってカッティングの合いの手を入れます。
リフのフレーズに隙間が多い場合に効果的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

③シングルノート フィル

ベースのフレーズの隙間をぬってシングルノートの合いの手を入れます。
リフのフレーズに隙間が多い場合に効果的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④カッティング

カッティングを主体にしたい場合ギターで空間を埋めます。
サビやイントロなどで効果的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

⑤シングルミュート

単音でのミュートは16ビートの定番です。
あまり音が上下に動かないほうが効果的なことが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

⑥ワウのフレーズ

ベースのフレーズとは別のメロディを重ねます。
歌の隙間やイントロなどで効果的です。
バッキングの場合あまり動くと歌の邪魔になることもあります。

 

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?
下記に本日のまとめ実践ガイドも書き記してあります。
ぜひご自身の音楽生活に役立ててください!

まとめ

①ベースあるいは他の楽器の動きを把握する。

②他の楽器の補強をするか、あるいは別の事を担当する。

③ファンキーな曲の場合あまり空間を埋めすぎないほうが良い。
音の隙間を残すのがコツ!

 

実践ガイド

①上記のテクニックを組み合わせてパターンを作ることもできます。
①+② ベースとユニゾン + カッティングの合いの手
③+④ シングルノートフィル + カッティング
①+⑥ ベースとユニゾン + ワウのフレーズ

②ファンク系のソウル系のギターのバッキングは過去の作品に沢山お手本のようなプレイがあります。
(EW&F、アベレージホワイトバンド、Chicなど)
色々なギタリストのバッキングを聞いて、ベースや他の楽器との絡み方を参考にしてみましょう。

おすすめ記事

人気ページランキング

人気ページランキング

講師別BLOG

無料体験レッスン
申込みへ