SCHOOL SITE >


マッシュミュージックスクール レコーディング科講師の津吹勝辰です!
毎月「9」の付く日「レコーディングコラム」を掲載!
録音してるけどなかなかうまくいかない方、録音したい方、録音したことが無い方、録音に全く興味が無い方、、

音楽を愛する全ての人に向けて発信していきます。

第1回目は超入口編!
「何かを作り上げる意味」
「音楽の構成」
「レコーディングに必要な機材」
についてお話しします。
ぜひご覧ください!
 





 

 

①何かを作り上げるということの意味(相手に送る気持ち)

   
皆さんは、
「物を作る」
「人に表現する」
って、何だと思いますか?

これって、自分の想いをメッセージにすることの代わりを物を作ったり表現するって、ことですよね。

その手段は色々あって、
音楽においては 作詞・作曲・編曲・録音・PAと全てのバランスで、音楽は成り立ってます
どんどん大元を掘り下げるとその作り方を理解出来ていきます。

というところから、音楽を表現するとはどういうことなのか?
皆さんも一緒に考えていきましょう!

大事なことは、そこに込めているメッセージです。
伝わらなきゃ意味がありません!
その要素を解読していきます。





 

 

 

 

②音楽の構成


音楽は、
リズム・メロディー・ハーモニー
が合わさって、曲が完成されます。

楽しい気分なら、軽快なリズム、明るいメロディー、華やかなハーモニー
寂しい気分なら、ゆっくりなリズム、暗いメロディー、質素なハーモニー
(こちらは作曲コースかな?w)

レコーディングにも明るい周波数、暗い周波数が存在します。

ちゃんと使いこなせば色々なメッセージを送ることができます。
これらを表現するために、必要な機材があります。

 

 

 

 

 

 

③レコーディングに必要な機材


それは、、

「マイク」


「ヘッドアンプ」


「コンプレッサー」


「イコライザー」


etc、、
です!


まずは名称役目

マイク     「音の入り口」ここのキャラクターで、音質は決まります。
ヘッドアンプ  このマイクを生かすための増幅器。マイクとセットです。
コンプレッサー 音を聞きやすく、音量を平均化するもの。
イコライザー  複数の音を混ぜる際に起こる干渉や音質を補正するもの。


なかなか聞きなれない言葉もありますよね。。
第2回記事で、細かな使い方を説明しよう!

これらを理解して、
「レコーディングにおけるやり方・コツ」
「マルチトラックレコーディング」
に移行していきます!

基礎的な用語、そしてその使い方を知り、
皆さんの存在次元(在り方)を高めていきましょう!!






いかがでしたでしょうか?
下記に本日のまとめも書き記してあります。
ぜひご自身の音楽生活に役立ててください!

まとめ

①音楽に込めたメッセージが伝わらなきゃ意味がない!

②レコーディングにも明るい周波数・暗い周波数が存在する!

③レコーディングに必要な機材は
マイク・ヘッドアンプ・コンプレッサー・イコライザー!

 

おすすめ記事

人気ページランキング

人気ページランキング

講師別BLOG

無料体験レッスン
申込みへ