SCHOOL SITE >

フォローしてもらうと新着記事のお知らせが届きます!



マッシュミュージックスクール レコーディング科講師の津吹です!
毎月「9」の付く日「レコーディングコラム」を掲載!
録音してるけどなかなかうまくいかない方、録音したい方、録音したことが無い方、録音に全く興味が無い方、、
音楽を愛する全ての人に向けて発信していきます。

みなさんこんにちは!
すっかり朝は14度と冬っぽい季節になってきましたね!

レコーディング27回目に入ります。
前回のドラムの音決めの続きに参ります。





 

 

 

①ドラムの定位の考え方

ここからは、定位をやっていきたいと思います。

定位(PAN・パン)とは:イメージしてる・音の出てる場所の位置

みたいな感じです。
下図をご覧ください。

僕のパターンの定位は
基本低音リズム・歌は真ん中にしてます。
あとは、いろいろちりばめたりしてます。
BASS・KICK・SN・HHは真ん中にすることでステレオの安定感が出ますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②TOM(タム)の定位・EQ

前回の記事でKICK・SN・Hi-Hatが終わりまして、次はTOMですね!
TOMは、セットによりですが多点セット、1タム1フロアタムとシンプルなのものまで様々あります。

定位的に僕はドラマーなんでドラム椅子に座った時のL.Rの定位にしてます。
音程の高いタムから左ーー➡︎右
こうするとフィルインの音が左右に流れて気持ちがいいですねw

EQ的には
・アタックは7kHz前後を持ち上げる。
・100Hz前後の低音出すことで音圧を上げる。

これに少しコンプレッサーかけて音圧も作っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

③TOP LRの定位・EQ


次にTOP LRです。
これかなり肝なんでよろしくですw

下図をご覧ください。
トップマイクをそのままバランスとると、どうしてもスネアが右に行ってしまいます。
座った定位なら左に行きます。
これを、無理やりスネアを真ん中に行くようにバランスをとります。

そうしなければオンマイクのスネアがセンターにいるので残響が右か左かに流れて、ステレオ的に気持ち悪くなるのです。

EQ的には
低音が必要ないので100Hz以下はざっくり切ってしまいます。

こうしてオンマイク(楽器に近い)と オフマイク(楽器から遠く)のバランスが取れていきます。
あとは歪ませたりエコー深めや、コーラス系でシュアシュアさせたり楽しんでくださいw


どうでしたか?
皆さんも試してみてくださいねw

リハーサルスタジオでマイクを全部57や58マイクにしてもレコーディングがバッチリできるので、やってみてくださいね!

 

 





 

 

 







下記に本日のまとめも書き記してあります。
ぜひご自身の音楽生活に役立ててください!
このコラムでは、いろんな質問もお受けいたしますので、 お問い合わせから僕宛にメールくだされば、お答えいたします!!!
次回は、ベースの音作りをお伝えします! 

それでは皆様お元気で! いつもご視聴ありがとうございます。


まとめ

①定位(PAN・パン)とは:イメージしてる・音の出てる場所の位置
BASS・KICK・SN・HHは真ん中にすることでステレオの安定感が出る。

②ドラム椅子に座った時のL.Rの定位で考える。するとタムは、 
音程の高いタムから左ーー➡︎右
EQ的には
・アタックは7kHz前後を持ち上げる。
・100Hz前後の低音出すことで音圧を上げる。


トップマイクをそのままバランスとると、どうしてもスネアが右に行ってしう。
無理やりスネアを真ん中に行くようにバランスをとる。
EQ的には低音が必要ないので100Hz以下はざっくり切る。

おすすめ記事

人気ページランキング

人気ページランキング

講師別BLOG

無料体験レッスン
申込みへ