SCHOOL SITE >

フォローしてもらうと新着記事のお知らせが届きます!



マッシュミュージックスクール レコーディング科講師の津吹です!
毎月「9」の付く日「レコーディングコラム」を掲載!
録音してるけどなかなかうまくいかない方、録音したい方、録音したことが無い方、録音に全く興味が無い方、、
音楽を愛する全ての人に向けて発信していきます。

皆さんこんにちは!
台風過ぎたら、また台風でしたね。
今年はこれで終わって欲しいですね。
だいぶ朝晩は涼しくなってきて、気持ち良い季節になりました。

それでは、26回目まいります。
前回のミキシングから、骨組みを解説していきましょう。
まずは、皆さんが一番懸念されてる生ドラムのバランスです。

少し前に位相の記事を書きました。
これをさらに詰めていきます。





 

 

 

①ドラムを録音するマイクの考え方

ヌケの良いドラムサウンドとして解説していきます。
もちろんわざとモヤかして作る時もありますが、まずはスカッとまいります!

録音トラックは、

キック
スネア トップ
スネア ボトム
ハイハット
ハイタム
ミッドタム
フロアタム
オーバートップ 左
オーバートップ 右
アンビエンス 左
アンビアンス 右

これらの中身を説明します。

まずドラムは、このマイク達すべてを一気に使うので、
考え方は「各マイクにはすべての楽器の音が入ってる!」
ここ大事です。
このことをかぶりと言います。
僕はこれをかなり生かして音を作ります。
そうすることで暖かく奥行きのあるサウンドができます。
まぁ、ベチベチに近くやる時もたまにはありますw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②キック・スネア・ハイハット(3点セット)のEQ

2.1 キック

 

bass drumの表に空いてる丸い穴に突っ込んで録ります。
聞いたら分かるかと思いますが、この中の音って、すごいこもって回ってます。
中域だらけです。
ここで中域を切ってスカッとさせます。
そして低音あげてドスってさせてあげます。

内訳的には

300Hz前後くらい:Qを狭くしてざくっとカット
100Hzくらい:上げて低音出す
5-7kHzくらい:アタックを出したかったら、お山くらいのQで上げる

 

 

 

 

 

2.2 スネア

 

スネアは中域なのですが実は低音がすごく大事です。

100Hzくらい:上げるとすごくあったかい深い感じになる
1.5kHzくらい:上げるとパシッとアタックが出てくる


★スネアのボトムトラックに関して
軽くコンプレッサーで潰してあげます。
スナッピーが裏に当たりますが中高域以外は必要ありませんので100Hz以下はカットします。

 

 

 

 

2.3 ハイハット

 

この楽器も中高域メインですので、100Hz以下は切ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

③3点セットの音量バランスを取る


ここでドラムの3点セットの音量バランスを取ります。

①キックの音量を決める。
②これを聴きながらヌネアを出す。
③ハイハットも出して、バランス取る。
④他の音程楽器を出していくと、抜けてこなかったり、出過ぎたりするのでまたバランス取る。


EQポイントをずらして調和を取ったりもします。
ドラムはベース・ギター・ピアノを足した時にどこの位置(1・2・3・4拍目のどこか)でグルーブしてるかを聴きながら作っていきます。

アレンジによって、ドラムサウンドは変わってきます。
本質はノリです。
気持ち良い音質は良いグルーヴを生みます。


ここで前回のバランスの取り方につながります。

①まず大音量で低音決めて!(ヘッドホンでもいいです)
②そして中高域確認して、
③小さい音でバランスを取ります。音質じゃないですよ!


皆さんもやってみてくださいね!
次回は続きのパーツに行きます!!!
それではまた!!!!

 

 





 

 

 







下記に本日のまとめも書き記してあります。
ぜひご自身の音楽生活に役立ててください!
このコラムでは、いろんな質問もお受けいたしますので、 お問い合わせから僕宛にメールくだされば、お答えいたします!!!
次回は、ドラムの他パートのバランスの取り方をお伝えします! 

それでは皆様お元気で! いつもご視聴ありがとうございます。


まとめ

①ドラム録音時、「各マイクにはすべての楽器の音が入ってる!」と考える。

キックは中域を切ってスカッと、低音あげてドスっと。
スネアは中域がメインだが実は低音がすごく大事。
ハイハットは中高域メイン。100Hz以下は切る。


③EQが終わったら3点セットの音量バランスを取る!
キックの音量を決める。
→これを聴きながらヌネアを出す。
→ハイハットも出して、バランス取る。
→他の音程楽器を出していくと、抜けてこなかったり、出過ぎたりするのでまたバランス取る。
EQポイントをずらして調和を取ったりもする。

④本質はノリ!
気持ち良い音質は良いグルーヴを生む!

おすすめ記事

人気ページランキング

人気ページランキング

講師別BLOG

無料体験レッスン
申込みへ