SCHOOL SITE >

フォローしてもらうと新着記事のお知らせが届きます!



マッシュミュージックスクール レコーディング科講師の津吹です!
毎月「9」の付く日「レコーディングコラム」を掲載!
録音してるけどなかなかうまくいかない方、録音したい方、録音したことが無い方、録音に全く興味が無い方、、
音楽を愛する全ての人に向けて発信していきます。

みなさんこんにちは!
あと2ヶ月で今年も終わりですね。
みなさんは、2019年楽しめましたか?
僕はいろんなことがありすぎで刺激だらけの1年でした。
あと少し、よろしくお願い致します。

さあ!
レコーディング28回目は、前回のドラムのサウンドメイクから
ドラムとガッチリタッグを組むリズムトラック、ベースです! 





 

 

 

 

 

 

 

①エレキベースの信号の流れ

ベースも色々なベースがありますね。

大きく分けると

①エレキベース
②アコースティックベース
③コントラバス
etc

まずはエレキベースを解説します。

エレキベースは、皆さんがよくラインと言ってるやつ。
一体どれのことなのか?下図をご覧ください。

 

ベースとベースアンプの間にD.Iがあります。
これこそがラインなんですが、
これは、 楽器からアンプをミキサー側に分配する変圧器なんです。
D.I(ダイレクトインジャクションボックス) からミキサーに送るのです。

基本これらは、中に9V電池(006p)を入れて使います。
もしくは、ミキサー側からファンタム電源48Vを送って使います。
そして、アンプのインプットに差します。
アンプはマイクで録音します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②ラインとマイクの位相

ラインは伝送スピードがマイクに比べてめちゃくちゃ早いです。
ライン・マイク、この2つの信号をミックスしますが、ここで位相差が生じてきます。

下図をご覧ください。

波形で書いてみました。
以前光の速さと空気の速さってのをやりましたが、まさにここに出てきましたね。

基本的に、ラインの方のスピードは変えようがないです。
録音した後なら、波形で帳尻あわせてなんとかなりますが、リアルタイムで演るには、マイク側でアンプとの距離を作って、波形の1山分で位相を合わせます。

どうやって見るかと言うと、

①ラインとマイクをPAN(定位)でL.R.に降る。

②リサージュメーター(最近はプラグインにありますがw)

を見ながら正相になるまで合わせていく。

注意すべき点として、距離を離し過ぎるとショートディレイになってしまいます。
なのである程度低音がでたらOK!
こうやって波動を合わせていきます。

 

 





 

 

 







下記に本日のまとめも書き記してあります。
ぜひご自身の音楽生活に役立ててください!
このコラムでは、いろんな質問もお受けいたしますので、 お問い合わせから僕宛にメールくだされば、お答えいたします!!!
是非一度、当スクールレッスンにも遊びに来てくださいね。
次回は、アコースティック、コントラバス(ウッドベース)などを解説して行きたいと思います!! 

それでは皆様お元気で! いつもご視聴ありがとうございます。


 

 

 

 

まとめ

①ベースは大きく分けて3種類!
エレキベース・アコースティックベース・コントラバス

②D.I=ライン
楽器からアンプをミキサー側に分配する変圧器


ラインとマイクの信号をミックスして録音するが、位相差が生じる。
リアルタイムで録るには、マイク側でアンプとの距離を作って、波形の1山分で位相を合わせる。

おすすめ記事

人気ページランキング

人気ページランキング

講師別BLOG

無料体験レッスン
申込みへ