SCHOOL SITE >

フォローしてもらうと新着記事のお知らせが届きます!



マッシュミュージックスクール ドラム科DTM科レコーディング科講師の津吹です!
毎月「9」の付く日「レコーディングコラム」を掲載!
録音してるけどなかなかうまくいかない方、録音したい方、録音したことが無い方、録音に全く興味が無い方、、
音楽を愛する全ての人に向けて発信していきます。

皆さんこんにちは!
最近はだいぶ暖かくなってきましたね。
自粛中皆さんは、どれだけの課題ができましたか?

今回は、やはり自宅活動ムード満載なので、お部屋の簡単防音のお話をします。

私もかれこれSTAY HOME動画リモートレコーディングをこの2週間で4本作りました。
ずっとヘッドホンでかなり神経使うので、体力も判断力も鈍ってきますね。
たまにはスピーカーで客観的に聴きたいものです。

そこで周りに迷惑をかけないように、音量上げて聞くための防音を!





 

 

 

①基本は2重構造で防音

まず、お家の躯体には

✔︎木造モルタル
✔︎軽鉄骨RC
✔︎鉄筋コンクリート

などいろいろあります。

音漏れは木造が一番します。
大きな鉄骨マンンションなどは、音出しても隣には響きづらいですね。

私は今までレコーディングスタジオ用の防音部屋を2つ作りました。
かなり大掛かりな防音システムを使います。
基本は全て二重構造です。
床も、壁も、ガラスも、天井も全て!
下図に二重構造の音の減り方を書いておきます。

2枚重ねで行けば、2枚目の間と2枚目以降の音量がかなり落ちます。
もちろんガラスの厚さや素材で変動しますがw
壁はただ防音してるわけではなく遮音材と吸音材を重ねて、音の響きを吸ったり反射板で響かせたりします。
この手法はかなりの資本がかかるので、お金に余裕のある方は是非作ってみてください!
最近はDIYで結構皆さん上手にやってますね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②手軽に簡単防音!


第1章の防音はいかんせんお金がかかります。
というわけで、お家で簡単に出来る防音ですが、家の中にあるもので、意外と出来ちゃいます。

✔︎洋服
✔︎布団
✔︎本
✔︎段ボール

様々なものが音を止めてくれますw

小さい頃布団の中で大声で叫んだことありませんか?
あれって、結構声が外に響かないんですよねw
そうです、布団が音を吸音してしまうからです。

第3回記事「音とは・マイクの構造」で書きましたが、
音は空気の響き、振動なんです。
これを止めるにはまず吸音なんです。
そして音の反射や音漏れを防ぐのは、硬い素材のものや反射面がデコボコのものですね。
これを組み合わせたらいいのです。
下図参照

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③ちょっとした工夫でかなり防音出来る

今は良い機材がいっぱい出てますが、音は誰にも見えないのでそんなことはわからないので良いのです。
知ってるのは自分だけなので、思いっきり洋服かけて布団ぶら下げてOK!ですw
意外と良いサウンド、というかスタジオより良い音することもありますよ!
もちろん演奏時間帯は常識の範囲でw
皆さんもやってみてくださいね!!


以下にSTAY HOME作品2つ挙げておきますので 是非見に来てください!
イイネ、チャンネル登録も是非よろしくお願いします!

「あ」のつくコトバ。 / あきいちこ

 

葛藤 / XStra Burn

こちらはドラムも叩いてます!

 

 

 

 

 

 

 

 




 






下記に本日のまとめも書き記してあります。
ぜひご自身の音楽生活に役立ててください!
このコラムでは、いろんな質問もお受けいたしますので、 お問い合わせから僕宛にメールくださればお答えいたします!!!
是非一度、当スクールレッスンにも遊びに来てくださいね。

それではまた!!

津吹龍講師の執筆ブログ記事ページ


 

 


 

 

まとめ

防音の基本は全て二重構造
床も、壁も、ガラスも、天井も全て!


布団や服で吸音!
そして硬い素材のものや反射面がデコボコのもので音の反射・音漏れを防ぐ!



③音は見えない。見た目を気にせず色々工夫して防音してOK!

おすすめ記事

人気ページランキング

人気ページランキング

講師別BLOG

無料体験レッスン
申込みへ