SCHOOL SITE >

フォローしてもらうと新着記事のお知らせが届きます!



マッシュミュージックスクール ドラム科DTM科レコーディング科講師の津吹です!
毎月「9」の付く日「レコーディングコラム」を掲載!
録音してるけどなかなかうまくいかない方、録音したい方、録音したことが無い方、録音に全く興味が無い方、、
音楽を愛する全ての人に向けて発信していきます。

皆さんこんにちは!
来ましたね!2020年オリンピックイヤーです。
今年は、いろんな変革の年になりますね!

さて、前回に書いてしまうことが飛んでしまい、今年の抱負をざっと書いてみましたが、 前々回コラムの最後にボーカルのことをいろいろお勉強しましたね。

「このボーカルにかけるエフェクターを解説します。」
と、言いながらの年末のご挨拶でしたので、
正式な今年1発目は、「ボーカルコンプレッサーについて」 解説していきますので、よろしくお願いいたします!





 

 

 

①REC時にはコンプをかけない?!

まずはおさらいから。
コンプレッサーというのは、音を圧縮するんですが、使い方が2つあります。

①トラックに平坦な音量で、平均的に記録(レコーディング)するために使う方法
②完全に音色を変える方法

コンプレッサーについての記事はこちら

 

ちなみにですが、僕自身は歌のコンプレッサーをレコーディングの時にかけないんですよ! エッって思いますよね!w

ボーカルレコーディングの記事でも書きましたが、「あ」って言ったら、その音量に聞こえることがレコーディング時の原則です。
コンプレッサーかけたら、より聞きやすい時もありますが、割と使わない方が近いんですよね。
じゃーどうするって?

これ、僕はフェーダーでやります。
いわゆる直接マニュアルで音量を操作しちゃいます。
コンプレッサーをかけると、大声で歌うとモニターヘッドホンが潰れたサウンドになってしまいます。
すると耳には潰れた音がモニターされます。
これ無理したら、喉やっちゃいますよね。。

なので、レコーディングした後のトラックにコンプレッサーをかけます。
これ龍スタイル!!!!


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②フェーダーでRECはめちゃむずいよ!

「音量操作(フェーダー)で録音する方法とか、めちゃくちゃ難しいよ、、」

すみません、実はコンプレッサーで出来るんです。
ただ、僕は機械をいろいろ通したくないだけなんです。
だから音量装置(フェーダー)でやります。
フェーダーで録音する方法を選択した方、マジ難しいです。
かなりの経験が要りますので、頑張って、練習してください!w

はい、では潰さないで音量操作するやり方は③でお話しします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③ボーカルREC時のコンプの使い方

コンプレッサーのパラメータ覚えてますか?
ずっと昔にやりましたねw

コンプレッサーの効果・パラメーターについての記事はこちら

 



主に

1:Ratio(レシオ)
2:Attack(アタック)
3:Release(リリース)
4:Input(インプット)
5:Output(アウトプット)

これらがあります。

 

 

 

 

 

 

 


3.1 RATIO (レシオ)

 

重要なのがRatio(比率) です。
Ratioは、1対1がかかってない状態
です。
なのでこの1対1に近くしたらいいのです。
だいたい 1対2とか 1対1.8とかでインプットに結構な音量入をれてもさほど、潰れません。
かなり自然に前に音が出てきます。
もちろんシンガーも歌いやすいです。


逆に20対1とかですと、かなり潰れてしまうので、実声と息(ブレスが)同じ音量でなりますねw
有名どころだと し◯なり◯ごちゃんなんて、素敵にコンプレッサーで歪んでますよねw
こんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

3.2 Attack (アタック)

 

Attackは一番遅くします。
でないとくっきり音が前に出ません。

早くすると音の立ち上がりが潰れてしまうんです。

 

 

 

 

 

 

3.3 Release(リリース)

 

僕はReleaseは一番早くします。
コンプがかかったら、すぐにフラット値に戻って、またすぐかけられるように、早くします。

 

 

 

 

 

 

3.4 EQに関して

 

そして、EQで4.5kHz近辺を少しブーストしていきます。
ツヤを出したかったら、12kHz近辺を少しブーストしてみます。

 

こんな感じで、レコーディングやモニター環境を整えていきます。
皆さんもおうちやスタジオで、試してくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 




 






下記に本日のまとめも書き記してあります。
ぜひご自身の音楽生活に役立ててください!
このコラムでは、いろんな質問もお受けいたしますので、 お問い合わせから僕宛にメールくだされば、お答えいたします!!!
是非一度、当スクールレッスンにも遊びに来てくださいね。

それではまた!!


 

 


 

 

まとめ

①ボーカルREC時にコンプレッサーを強くかけると、モニターヘッドホンが潰れたサウンドになってしまう。

②フェーダーで直接音量操作すれば良いモニターを作れるがめちゃくちゃ難しい。

③コンプでも良いモニター環境を作れる!
Ratio:1対1に近く
Attack:一番遅く
Release:一番早く
EQで4.5kHz近辺を少しブースト

おすすめ記事

人気ページランキング

人気ページランキング

講師別BLOG

無料体験レッスン
申込みへ